home 職人 商品 理念 お問い合わせ user cart JA EN ZH
特集
日吉屋の和傘

京都は古来都として⾧らく栄えた土地柄、最も早くから和傘が使われてきました。
都ならではの審美眼の厳しい人々に使われる中で、過度な装飾を廃したシンプルさと最高級の素材と技術で仕上げられた上品さ、
京都独自の美意識を持つ和傘「京和傘」として発展してきました。

 


 


最盛期には日本全国で年間1千万本以上生産されていた和傘ですが、
明治時代に洋傘が輸入され、西洋化が進んで普及すると共に急速に衰退し、京和傘製作は弊店ただ1軒となります。
昔のように生活必需品として使われることは少なくなりましたが、
和装だけではなく様々なシチュエーション、様々な年代の方にお使いいただけるような、新しい和傘作りにも取り組んでいます。