TOP 職人 商品 理念 お問い合わせ search user cart JA EN ZH £ HK$ 食品 食品 食品・飲み物 雑貨 キッチン雑貨 食器 キッチン用品 インテリア雑貨 フレグランス 時計・インテリア小物 文具 iPad・iPhoneケース 扇子・団扇 バス・美容雑貨 タオル バス・ボディケア ファブリック クッション・マルチカバー 衣料品 衣料品 衣料品 服飾品 アクセサリー バッグ 財布 ストール 家具・照明 家具 テーブル 椅子 照明 照明 日吉屋の傘 日吉屋の傘 和傘 洋傘 第3の傘
職人と職人が出会う旅
代表取締役 安田織物株式会社 / 安田 章二 京都府

安田織物さんは、京都府北部の丹後地方でおよそ300年前から続く 「丹後ちりめん」と呼ばれる和装用の絹生地 を織り続けています。
丹後地方は日本の絹織物の最大産地で、今でも和装用の絹織物の70%以上が丹後地方で織られているそうです。


安田織物さんは、その丹後で昭和27年に創業され、現在三代目の安田章二さんが事業を継承されており、特に「丹後ちりめん」の中でも、絽(ろ) や 紗(しゃ)と呼ばれる薄手の透け感がある夏物用の生地 を織っておられます。
また、近年は、シルク素材を中心としたストールなどのファッション雑貨にも取り組み、海外展示会にも積極的に参加されています。
安田さんとの出会いは、京都府主催の「TÉ.ORI」(ており)というプロジェクトにご参加頂いたご縁で支援させて頂きました。


安田織物さんでは、薄手生地の中でも、特に「からみ織り」と呼ばれる生地に空間をつくる特殊な技法を得意とされており、生地の中にシースルー部分のある、特有の質感と立体感のある織物を織る事が出来ます。
「からみ織り」は織り方が複雑なため、ゆっくり織ることしかできず、一つ一つが手仕事のような希少品となります。
この織り方の説明を、ミニチュア織機を使って、何回もご説明頂いたのですが、複雑すぎて未だにどの様に織られているのか分かりません、、、、
「TÉ.ORI」プロジェクトでは、マチルドさんというフランス人テキスタイルデザイナーがデザインを担当し、「からみ織り幾何学ストール」を開発されたのですが、
最後まで私も、マチルドも織り方を完全に理解する事ができませんでした、、、
それでも安田さんが技術的な部分は上手く解決頂き、素敵なデザインのストールが出来上がりました。


この商品はパリでも人気があり、多くのパリジャン、パリジェンヌに愛用されています。
丹後織物と仏テキスタイルデザインのコラボレーションで生まれた美しいストールで、
秋冬のコーディネートに新たなエッセンスを加えてみてください。