TOP 職人 商品 理念 お問い合わせ search user cart JA EN ZH £ HK$ 食品 食品 食品・飲み物 雑貨 キッチン雑貨 食器 キッチン用品 インテリア雑貨 フレグランス 時計・インテリア小物 文具 iPad・iPhoneケース 扇子・団扇 バス・美容雑貨 タオル バス・ボディケア ファブリック クッション・マルチカバー 衣料品 衣料品 衣料品 服飾品 アクセサリー バッグ 財布 ストール 家具・照明 家具 テーブル 椅子 照明 照明 日吉屋の傘 日吉屋の傘 和傘 洋傘 第3の傘
職人と職人が出会う旅
代表取締役 株式会社清原織物 / 清原 聖司 滋賀県

清原織物さんは、室町時代に京都で創業したと伝わる「つづれ織り」を中心とした織物を作り続けている老舗です。
現在の工房は滋賀県にあり、西陣織の中でも最も古い種類の織物である「つづれ織り」は何と四千年もの歴史があるそうです。


現在の当主、清原聖司さんとの出会いは、滋賀県庁主催の「BIWAKOTO」(びわこと)というプロジェクトにご参加頂いたご縁で支援させて頂きました。
清原織物さんでは、伝統的な「つづれ織り」の技術を使った、袱紗や帯等を制作されていますが、その「つづれ織り」の織機を巨大化し、舞台やホール等のステージを飾る巨大な緞帳(どんちょう)を織る事が出来る技術をお持ちで、幅20mにもなるような煌びやかな緞帳を全国に収めています。


私がプロデュースに関わった、ユニクロ パリ・リヴォリ店(2021年オープン)の日仏アーティストがコラボレーションして作られた、巨大なアートテキスタイルも清原さんにお願いして制作して頂きました。
清原さんは、このような巨大で煌びやかな織物を織られるだけでなく、sufuto(すふと)と名付けられた「祝いの品々」を紡ぐギフトブランドも展開されています。


つづれ織りでは、元来、結納のふくさや帯、祭礼用の幕地や舞台緞帳などが製作されて来ました。 晴れ着で過ごす時や、舞台の幕が上がる瞬間。ハレの席にふさわしい最高峰の美術織物として人々に寄り添って来たのが「つづれ織り」です。
祝いの織物を「寿布(すふ)」と名付け、その思いのもとsufutoは特別な時に寄り添い、祝い事や贈り物にふさわしい品々を紡いでいきます。
大切な方のハレの日を飾るギフトアイテムとして、sufutoを贈るのはいかがでしょうか?